2010年02月05日

小中学生の患者比率が3割超に―新型インフル(医療介護CBニュース)

 新型インフルエンザの患者に小中学生が占める割合が3割超にまで増加していることが1月29日、厚生労働省のまとめで分かった。小中学生に当たる5-14歳がインフルエンザの推計患者に占める割合は、18-24日の週は35.4%となり、前週から約10ポイント増加した。健康局結核感染症課の中嶋建介・感染症情報管理室長は29日の記者会見で、「学校での流行と呼応するものではないか」と指摘した。

 全国の推計患者数は約48万人で、前週と変わらなかったが、5-9歳の推計患者数は10万人(前週比3万人増)、10-14歳は7万人(同2万人増)だった。

 一方、成人が推計患者に占める割合は41.7%となり、前週の52.1%から10ポイント以上減少し、5割を下回った。


【関連記事】
インフル定点9.03、8週ぶり増加
小中学生の患者の割合が再び増加―新型インフル
成人の推計患者数が増加―新型インフル
インフル患者、20歳代以下で減少−感染研
「秋の流行」はピーク過ぎた―新型インフルで厚労省・中嶋室長

公訴時効見直しで対案=「撤廃」で一致せず−法制審部会(時事通信)
<陸山会事件>9億円は口座入金なし(毎日新聞)
【中医協】診療所や介護事業所を含めたパスも評価へ(医療介護CBニュース)
首相、小沢氏の幹事長続投は「この段階で至極自然」(産経新聞)
秋葉原17人殺傷 きょう第2回公判 事件の目撃者が証人出廷(産経新聞)
posted by imnndrnkeublfdrqey at 20:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。