2010年05月31日

82%の地区で下落=四半期地価調査―国交省(時事通信)

 国土交通省は27日、全国主要都市の150地区を対象に、四半期ごとに実施している地価動向調査の結果(4月1日時点)を発表した。地価が下落したのは、全体の82.0%に当たる123地区で、総じて下落傾向が続いている。ただ、下落地区は前回調査(1月1日時点)から21地区減ったほか、上昇したのが2地区(前回1地区)、横ばいが25地区(同5地区)に増え、下げ止まりの兆しも見られるようになった。
 地価が上昇したのは、マンション需要が堅調な東京都中央区の佃・月島と、JR横須賀線の新駅が開業し、店舗需要が高まっている川崎市の武蔵小杉の2地区だった。
 圏域別に見ると、東京、大阪、名古屋の3大都市圏は、全118地区のうち、下落したのが95地区(80.5%)で、前回から18地区減少。下落幅が縮小したり、上昇に転じたりした地区は、前回21地区から39地区に増えた。 

【関連ニュース】
公示地価、2年連続下落=住宅地4.2%、商業地6.1%
池袋駅東口のみ上昇=全体は下落基調

少し肌寒いけど…お先に夏服 神戸の女子中高(産経新聞)
<生物多様性の日>富士山麓で外来種駆除(毎日新聞)
普天間移設 シュワブ沿岸、日米合意 工法は9月に先送り(毎日新聞)
普天間、基本政策閣僚委で調整(時事通信)
元税理士の男を不起訴=元妻の娘との婚姻届提出―神戸地検支部(時事通信)
posted by imnndrnkeublfdrqey at 21:02| Comment(14) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。