2010年05月24日

排気モニターで故障警報=放射能影響なし―もんじゅ(時事通信)

 日本原子力研究開発機構は17日、高速増殖炉「もんじゅ」(福井県敦賀市)で同日午前10時48分ごろ、放射線管理室から排出された空気に含まれる放射性物質を監視するモニターの故障警報が鳴ったと発表した。ほかの監視装置は機能しており、周辺への放射能の影響はないとしている。
 原子力機構によると、この排気モニターは、室内の空気をポンプで取り込み放射性物質の濃度を測定する仕組み。フィルターとなるろ紙の取り付け方が不適切だったため、正常に空気を取り込むことができず、ポンプ1台が停止した。ろ紙を付け替え、同日午後5時ごろポンプを再起動し、正常に戻ったという。 

【関連ニュース】
【動画】ナトリウム漏れから14年半 「もんじゅ」運転再開へ
【動画】もんじゅ、5月上旬にも再開=「前向きに」と福井県知事
【特集】もんじゅ運転再開〜信頼は取り戻せるのか〜
〔写真特集〕高速増殖炉「もんじゅ」
〔用語解説〕「もんじゅ」

レクサス・ハンドル設定変更、ズレ90度近くに(読売新聞)
責任追及より防疫先決=ワクチン使用「検討中」―首相(時事通信)
介護職員の医療行為、特養以外にも拡大へ−長妻厚労相が法改正検討(医療介護CBニュース)
<不同意堕胎容疑>36歳医師を取り調べ 点滴で流産(毎日新聞)
病気腎移植、2カ月半後に死亡=「因果関係は不明」―宇和島徳洲会病院(時事通信)
posted by imnndrnkeublfdrqey at 12:59| Comment(8) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。