2010年01月09日

<環境省>毒ガス弾の可能性のある2発を発見 千葉の調査で(毎日新聞)

 環境省は7日、千葉市稲毛区長沼原町の農場で旧日本軍のものとみられる砲弾3発を発見したと発表した。うち2発は毒ガス弾の可能性が高いという。現場付近は旧陸軍の演習場があり、07年に毒ガス弾とみられる砲弾4発が見つかったことから、同省が7日から砲弾が埋もれている可能性がある207カ所の掘削調査を始めていた。

 同省によると、7日に発見された毒ガス弾とみられる2発のうち、1発は皮膚の水疱(すいほう)や目の痛み、呼吸困難を招く「びらん剤」、もう1発は激しいくしゃみを引き起こして兵士の戦闘能力を奪う「くしゃみ剤」を含有していたとみられる。深さ約30センチの土中で見つかり、砲弾の外に毒物は確認されていなかった。

 7日の調査は3カ所を掘り起こし、各所から1発ずつ見つかった。調査範囲は約7ヘクタールで、3月末までに207カ所すべてを掘り起こす予定。【倉田陶子】

【関連ニュース】
花粉情報:来春は「少なくなる見通し」 環境省が発表
水俣病:対象地域外でも救済 一時金の額明示せず…環境省
環境省:工場のデータ改ざんに罰則 環境審小委の答申案
スギ・ヒノキ花粉:来春「少なくなる見通し」 環境省が予測
水俣病:未認定患者救済問題 69年以降除外やむなし−−副環境相

z402uttuのブログ
z8ileuk1のブログ
クレジットカードのショッピング枠を現金化 
即日現金化
アフィリエイト ホームページ
posted by imnndrnkeublfdrqey at 18:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

<公設派遣村>5日以降も宿泊場所確保 就労への拠点に(毎日新聞)

 東京都が開設した「公設派遣村」(国立オリンピック記念青少年総合センター)の宿泊者は3日、833人になった。都は宿泊者に対し、センターが使用期限を迎える4日は23区内の臨時宿泊施設などに全員分の宿を確保。5日以降も生活のめどが立つまで、宿泊施設から区市町村やハローワークへ生活保護や就労の相談に出向いてもらうことを説明した。

 都福祉保健局生活福祉部によると、3日までにセンターに設置された各窓口で相談を受けた人は、生活相談814人▽住宅相談92人▽健康相談163人▽心の相談50人▽就労相談72人▽法律相談56人−−だった。宿泊者のうち5%程度は4日以降、知人宅などに身を寄せるが、他の人は行き先がないという。

 都は4日朝、都などの相部屋型の臨時宿泊施設などに移し、2週間程度、宿泊施設を提供する。食費や相談窓口への交通費などは、全額国が負担する。【市川明代】

【関連ニュース】
東京都公設派遣村:宿泊者、想定枠の500人上回る
公設派遣村:宿泊者831人に…東京都
公設派遣村:宿泊者が700人以上に 閉所後に不安も
公設派遣村:東京都の宿泊者469人に
公設派遣村:まず都営がスタート 失業者275人集まる

l61wrs1oのブログ
我育ち盛り故
競馬サイト
クレジットカード現金化
即日現金化
posted by imnndrnkeublfdrqey at 09:51| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。